緑丘会は小樽商科大学の同窓会組織です。
このホームページを通じて緑丘会会員相互のコミュニケーションの拡充に努めます。

公益財団法人 小樽商科大学後援会 国立大学法人 小樽商科大学
MENU

[今日のニュース]・小樽産ホタテ 周知必要 ・キャンパスから ・コロナ禍の羅針盤 ・函館「五稜乃蔵」日本酒初仕込み

◆小樽産ホタテ 周知必要

小樽・祝津産ホタテによる地域活性化の可能性を探るシンポジウムが11日、小樽経済センターで開かれ、漁業者ら5人が6次産業化の推進などについて意見を交わした。なお、シンポジウムのファシリテーターは小樽商大の高野宏康氏が務めた。

令和3年12月14日 北海道新聞 D0610-9910-00002945

◆キャンパスから 大学の国際化に隔世の感

国際交流などに取り組む小樽ユネスコ協会副会長の外園知代氏(S57卒)は最近の商大生の印象について、在学中に英検準1級を取得する学生が増え、プレゼン能力もレベルアップしていて、留学したりゼミ教官が外国の方だったり国際化が進み、自身の在学中とは隔世の感があると述べた。

令和3年12月13日 北海道新聞 D0610-9910-00002945

◆コロナ禍の羅針盤  旅の価値 底上げ準備を

北海道宝島旅行会社社長の鈴木宏一郎氏は、コロナ禍で打撃を受けた旅行業の立て直しには、クリエーティブに旅を組み立て付加価値を上げ、地域に元々ある観光資源をどう見いだし、磨きをあげていくかも大切で、それを地元主体で準備する必要があると説く。鈴木社長は小樽商大大学院修了生。

令和3年12月14日 北海道新聞 D0610-9910-00002945

◆函館「五稜乃蔵」日本酒初仕込み

上川大雪酒造は13日、函館市に新設した酒造「五稜乃蔵」で日本酒の仕込みを始めた。

令和3年12月14日 日本経済新聞

関連資料

211214ouc

所在地
〒170-6057
東京都豊島区東池袋3丁目1番1号
サンシャイン60(57階)
TEL: 03-3981-2340 / FAX: 03-5396-4011
お問い合わせ
開館日
 月曜日〜金曜日 午前10時〜午後9時
休館日
 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、8月盆休み